アンチエイジング奮闘日誌

睡眠不足、紫外線、食生活の乱れ。 どれも肌の

睡眠不足、紫外線、食生活の乱れ。

どれも肌の老化を促進してしまいますが、小シワの原因で乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、肌にダメージを与えているので注意しなければいけません。
自分でできる乾燥対策として、保湿ケアは怠ってはなりません。メイクの上から使える粒子の細かい間ちがいトを使って水分や有効成分を補ったり、夏以降のキレイ肌をつくるために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの充分な保湿を行ないましょう。
スキンケア(素肌がキレイじゃないと、どんなに上にメイクを重ねても美しく仕上がらないこともよくあるものです)には保湿を行うことがもっとも大切なことです。



入浴中は水分がお肌からどんどん流れ落ちていきます。肌の乾燥を予防するために、化粧水と乳液のケアをした後に保湿クリームでのケアを推奨いたします。


夜に保湿クリームを用いると翌朝まで肌の潤いが続き、メイクのノリも良くなります。たびたび顔を洗って肌の脂分が足りていないと、足りない脂分をカバーしようとよりたくさん分泌しようとするのです。度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、さらにたくさん皮脂の分泌を促してしまいますから、洗顔はしすぎないよう注意して下さい。
洗顔の後は化粧水を使って十分な水分補給を忘れないで行うことが大事です。
肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓の役割として、ご飯や呼吸によって体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、人体にとって無害な物質に変えていくのです。
肝臓が十分解毒してくれないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。


それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。肝臓を健康に保つことが、お肌の健康を維持する重要なポイントです。
肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。なめらかな肌やハリのある肌というのは皮膚の模様や溝が小さく浅いうえ均一になっています。
乾燥や紫外線などのストレスを多く受けた皮膚は模様が遠目にわかるほど大聴かったり、不規則に伸びているはずです。

肌を保護する表皮が極端に弱まるので、皮膚の深い部分にまでダメージが及びます。水分が失われると表皮が薄くなり、既にできていたシワが濃くなったり、新しいシワが出来てくるのです。
辛うじてでも若々しくいたいと思うのは女性なら大体は共感して頂けることだと思います。実際の年齢より低く、とまでは言いませんが、予想どおりエイジングケアは注意していたいものです。古来より、よく活用されてきた馬油は保湿・殺菌力に優れ、血行を増進する効果もあり、シミ、シワを消す効能があるのではないかと言われています。イチゴ毛穴、そのなかでも特に鼻の毛穴に目立った角栓があるととても気になりますよね。
だからといって、顔を洗う時などに無理にに取ろうとすると、かえって、お肌を傷つける畏れもあるので、あまりお薦めできません。ピーリング石鹸といったものを使用して角栓を丁寧に取り除いていくといいでしょう。ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、週1〜2回ほどの使用を守って下さい。
皮脂腺の炎症を防ぐために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。



その時期の旬のフルーツをどのような状況でも食べています。果物を摂取するようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でもニキビが現れなくなりました。
便秘が治ったのも、皮脂腺の炎症が発生しなくなったわけの一つと言えるかもしれません。顏にいつの間にか増えてしまったシワについては消せるものなら消したいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。



紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、日傘、帽子などで紫外線カットします。

夏のみならず、一年中行なうようにし、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。
さらに、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。



こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジング(化粧品やサプリメント、整形手術など、色々な手段があります)になっていきます。毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を促進すると言われます。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。
水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物が排出されないため、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、くすみだけでなくシワやほうれい線も目たつ結果になるので、常常日頃から水分不足には気をつけて下さい。

Copyright (C) 2014 アンチエイジング奮闘日誌 All Rights Reserved.